ワキガにはアルコール消毒が有効?

ワキガの人は、においを常に気にしなければなりません。特に、夏場などの薄着になる季節は周囲に迷惑をかけてしまっていないか気をつけなければならないでしょう。そもそも、ワキガのにおいの原因は、わきの下の雑菌です。その雑菌を消すためにアルコール消毒が有効なのではないかと考える人もいます。しかし、残念ながらアルコール消毒は直接的な解決策にはなりません。なぜなら、ワキガは脇の下の汗とアポクリン腺が結びついた事で繁殖した雑菌が原因で、アポクリン腺は皮膚の下にあるからです。アルコールで汗をふき取り、皮膚の表面にある雑菌は消毒できますが、皮膚の下にあるアポクリン腺には効果がないので症状は続いてしまいます。更に、わきの下は皮膚が厚くないため、敏感肌の人は荒れてしまう事もあるでしょう。ワキガをアルコールで治すのではなく、根本的に治したい人は手術を受ける事をおすすめします。現在では、多くの整形外科や美容外科で手術を行っています。方法としては、わきの下をメスで切り、皮膚の下にあるアポクリン腺を除去します。このアポクリン腺が少なくなるとワキガのにおいが軽減されるため、効果は絶大でしょう。手術後何日間かは腕をあげられなくなるなど不便に感じる事はありますが、部分麻酔で受けられるため体への負担は少なく、更にメスを入れる範囲も広くないため気軽に受けられるでしょう。手術を受ける予定がない人は、こまめな入浴と制汗剤の使用は必須です。
http://www.caminorealangels.com/